2025年12月14日日曜日

既刊まとめ(このページはつねに先頭に表示されます)

  • 『ボクは再生数、ボクは死』 KADOKAWA 2020
  • 「たとえぼくたちの青春ラブコメがまちがっていたとしても、」(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー4 オールスターズ』ガガガ文庫 2020)
  • 「その答えは風に吹かれている」(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー1 雪乃side』ガガガ文庫 2020)
  • 『夜露死苦! 異世界音速騎士団"羅愚奈落" ~Godspeed You! RAGNAROK the Midknights~』 同人誌 2018
  • 『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』 KADOKAWA 2018
  • 『あたらしくうつくしいことば』 同人誌 2107
  • 『先生とそのお布団』 ガガガ文庫 2017
  • 「7月のちいさなさよなら」(『ショートストーリーズ 僕とキミの15センチ』 ファミ通文庫 2017)
  • 『ノースサウス あるいは恋に変わる肉の内なる刀の力』 同人誌 2016
  • 『トラフィック・キングダム』 同人誌 2016
  • 『メロディ・リリック・アイドル・マジック』 ダッシュエックス文庫 2016
  • 『平家さんと兎の首事件』 同人誌 2015
  • 『菊と力』 同人誌 2015
  • 『後宮楽園球場』第2巻 ダッシュエックス文庫 2015
  • 『明日の狩りの詞の』 星海社FICTIONS 2015
  • 『アクマノツマ』 同人誌 2014
  • 『四人制姉妹百合物帳』 星海社文庫 2014
  • 『四人制姉妹百合物帳』 同人誌 2014
  • 『耳刈ネルリ拾遺』 同人誌 2014
  • 『後宮楽園球場』 スーパーダッシュ文庫 2013
  • 「地下迷宮の帰宅部」(『部活アンソロジー 「春」』 ファミ通文庫 2013)
  • 『ヴァンパイア・サマータイム』 ファミ通文庫 2013
  • 「平家さんって幽霊じゃね?」(『ホラーアンソロジー 黒』 ファミ通文庫 2012)
  • 『クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門 』 ファミ通文庫 2011
  • 『耳刈ネルリと十一人の一年十一組』 ファミ通文庫 2009
  • 『耳刈ネルリと奪われた七人の花婿』 ファミ通文庫 2009
  • 『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』 ファミ通文庫 2009


  • 『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』コミカライズ版連載中です。
    https://www.comic-valkyrie.com/umibe/

    小説家になろうで作品を公開しています。
    http://mypage.syosetu.com/826365/

    カクヨムで作品を公開しています。
    https://kakuyomu.jp/users/akamitsuba

    同人誌をCOMIC ZIN様とメロンブックス様に委託しています。
    http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=5296
    https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=38895

    『耳刈ネルリ拾遺』電子書籍版をKindleストアにて配信中です。
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07MP13N9G

    『耳刈ネルリ拾遺』の紙の本をお持ちの方は電子書籍版をダウンロードできます。
    http://akamitsuba.blogspot.com/2018/12/blog-post.html


    過去の同人誌の電子書籍版については以下のページをご覧ください。
    http://akamitsuba.blogspot.jp/2016/12/blog-post_31.html


    『Fallout3』二次創作短編「がんばれドッグミート」配信中
    http://akamitsuba.blogspot.jp/2015/12/blog-post_14.html

    『ヴァンパイア・サマータイム』SS配信中
    http://akamitsuba.blogspot.jp/2017/02/ss.html

    2022年11月4日金曜日

    『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』コミカライズ第1話が公開されました

     『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』コミカライズ第1話が公開されました。


    『コミックヴァルキリーWeb版Vol.113』(※のついているものは期間限定無料)

    https://www.comic-valkyrie.com/


      DMMブックス ※

      DLsite ※

      BOOK☆WALKER ※

      Amazon ※

      ebookjapan

      BookLive

      honto ※

      

    公式の作品サイト(無料)

    https://www.comic-valkyrie.com/umibe/


     ぜひご覧ください。

     公式サイトは登録不要ですが、一定期間が過ぎると最初の方と最新話しか読めなくなりますのでご注意ください。

    2022年10月4日火曜日

    『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』がコミカライズされます

      コミックヴァルキリーVol.113より『海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと』https://www.kadokawa.co.jp/product/321802000366/のコミカライズの連載が開始されます。

     現在配信されているVol.112の巻末に予告が掲載されています。

     https://www.comic-valkyrie.com/


     漫画を担当されているのは草葉さんhttps://twitter.com/kusaba_fukです。

     草葉さんとは担当さんを介してやりとりしていますが、ネームの段階でたくさんアイデアを出してくださいますし、演出の意図をきちんと言語化して説明してくださるので、うまくコミュニケーションが取れていると思います。

     私の方も各場面の言外にこめられた意味などを草葉さんに細かくお伝えしています。小説の場合は担当さんとのやりとりでここまでミクロな説明をすることがめったにないので、とても新鮮な体験です。

     原作は2018年の刊行で、作中に明記されていませんが、2016年から2017年の出来事として書かれています。コミカライズの企画も2019年から動いていたもので、2020年初頭からのコロナ禍や昨今の様々な事件を想定したものではありませんが、いま読むと物語中の諸要素がそれらと重なって当時とはちがった色合いを帯びて見えるのではないでしょうか。今回のコミカライズは原作を未読の方はもちろん、既読の方も楽しんでいただけるものになると思います。

     コミックヴァルキリーVol.113は10月下旬配信予定です。ぜひご覧ください。

    2022年1月1日土曜日

    本年もお世話になりました

     本年もお世話になりました。まあ何も成果物をお見せできてないのでアレなんですけど……。


     今年は商業の原稿をずっと書いていました。去年の大晦日にこのブログで「ラブコメ書きたい」と書いていますが、なぜかコメディ要素薄めのラブストーリーになりました。途中で全然書けなくなって、しまいには日記にすら1文字も書けなくなるところまでいったのですが、いまは「散歩」とか「雨」とか書けるくらいには持ち直しました(今日は散歩に行ってなくて雨も降ってないので何も書かないと思いますが)。


     思い返せば、デビューする5年前くらいは人生でいちばんメンタルがひどい状態で、そこからすこしずつ上昇していき、いままた下降線をたどっているわけですが、まあまた10年単位であがっていけばいいやと気楽に考えています。


     来年は上に書いた商業の原稿を仕上げて、あとは『ボクは再生数』の同人誌を出す予定です。去年の今日の記事にある「まだ動いている企画」というやつはいろいろ決まってそろそろ本格的に始動するという話だったのが、また振り出しにもどって3年目に突入することになりました。どうなるんですかねえ……。


     そんな感じで来年は何か出せると思いますので、どうぞご期待ください。


     それでは、どうぞよいお年をお迎えください。

    2021年11月27日土曜日

    メロンブックス様に同人誌を委託しています

      ブログの方で告知するのを失念していたのですが、メロンブックス様に同人誌を委託しています。

    https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=38895

     当分イベントにサークル参加する予定がありませんので、同人誌のお求めはこちらの方でお願いいたします。

     上記リンク先にないものについては「そこになければ(石川家にも)ないですね~」という感じなので、よろしければ電子書籍版の方をお願いいたします。

    https://www.amazon.co.jp/dp/B07MP13N9G

     



    2021年11月26日金曜日

    『ボクは再生数、ボクは死』が『このライトノベルがすごい! 2022』単行本・ノベルズ部門第10位にランクインしました

      拙作『ボクは再生数、ボクは死』が『このライトノベルがすごい! 2022』単行本・ノベルズ部門第10位にランクインしました。

     投票してくださった皆様ありがとうございました。

     また、いつも応援してくださる皆様にも感謝いたします。ありがとうございました。

     本作の登場人物・ブラッドバスを主人公としたスピンオフ短編を公開中ですので、ぜひご覧ください。

     https://kakuyomu.jp/works/16816700428607061756




    2021年11月16日火曜日

    近日中に『ボクは再生数、ボクは死』のスピンオフ短編を公開します

     近日中に『ボクは再生数、ボクは死』のスピンオフ短編を公開します。

     ひとまず作品ページと登場人物紹介を公開しました。

     https://kakuyomu.jp/works/16816700428607061756

     主人公はギャルリー・ヴィヴィエンヌのバウンサーでシノのオンパコフレンドであるブラッドバスです。

     最初期の構想では名前がなく、出番もシノのボディチェックをする場面の一回きりだったのですが、一度名前を思いついてみると、「ここに使える。あそこにも使える」と便利なキャラになりました。

     配信者としてのシノではなく、個人としてのシノが純粋に好きという変わり者なので、おもしろい立ち位置のキャラになったと思います。


     スピンオフ短編は本作の他に、本編執筆前に習作として書いたものと、現在執筆途中のものの計3本あり、まとめて同人誌にする予定です。

     執筆途中のものは性的な描写がガイドラインに抵触しそうなのでカクヨムでの公開はしません(スピンオフのwebでの公開はカクヨムでのみ行うとファミ通文庫の担当さんと約束していますので、他のサイトでの公開もありません)。

     また、習作の方も、最初はカクヨムで公開するつもりでいたのですが、配信者のセリフとコメント欄を二段組で併記するという表現がweb上では不可能そうなので、同人誌での発表のみという形にさせていただきたいと思います。

     同人誌の頒布時期は、いま書いている原稿次第なのですが、来年の夏までには出せればいいなと思っています。

     どうぞご期待ください。